嫁姑 仲良し 特徴
出典https://wooris.jp/archives/180843

「嫁姑問題」はテレビドラマのテーマにもなるほど難しい問題ですよね。

ひどい場合にはこれが理由となって離婚にまで発展するケースもあるのですが、勿論できれば姑とうまく付き合って円満な家族でいたいと思っている人が殆どでしょう。

そこで、嫁として姑と上手く付き合う方法を覚えて実践していく必要があります。



姑と上手く付き合うには、まず苦手意識を持たないこと・「良い嫁」になろうと無理をしないことです。

つまり相手に普通に接すること、自分も自然体でいることですね。

トーミトーミ


それこそドラマの影響などで「姑は嫁を目の敵にしている」という先入観を持つ人が多いのですが、実際には姑だって「嫁と上手くいくかどうか心配」「嫌な姑と思われたらどうしよう・・」と不安に思っていることも少なくないのです。


ですからこちらが「嫁姑問題」を意識して接してしまうと、それは相手にも伝わって余計にぎくしゃくしてしまいます。

「大好きな夫を育てあげた人だから、きっと私とも仲のいい友達になれるはず」というくらいの気持ちで接するようにしましょう。

「良い嫁」を演じるのもストレスがたまるばかり。


自然体で仲良くできる関係であれば、それに越したことはありません。


また離れて暮らしている場合、できるだけ密に連絡を取りましょう。

大きな出来事があれば電話するのは勿論、あまり期間を開けず定期的に近況報告をするようにします。

電話で連絡するのが苦手であったりあまりに頻繁だと迷惑かも、、と思う場合には、メールにすると良いかもしれません。

嫁姑の仲良しの特徴

また、姑の前では夫を立てましょう。実は普段は妻が主導権を握っているような場合でも、姑の前では「夫に相談してみます」などと夫を立てる必要があります。


夫の悪口を言うのは冗談であってもNG、呼び方にも気を付けて、普段は「○○君」と呼んでいても姑の前では「○○さん」と呼びましょう。


姑にすれば大事な息子ですから、悪口を言われることは勿論、妻の尻に敷かれていたり軽く扱われているように見えると気分が良くありません。

逆に息子が、嫁に尊敬されていると思えれば、好評価に繋がるのです。

姑は“嫁が嫌いで”嫌がらせをしている訳ではありません。あなたを試しているのです。あなたがどんな女性なのか、気になって仕方ないのです。

世の中の姑のイメージに縛られてしまって、自分の姑もそうなんだと決めつける事は、良くありません。

あなたも、将来“姑”の立場になる可能性があるように、あなたの姑も昔は“嫁”だったのです。大体の場合、舅と恋愛をして、結婚に至り、赤の他人ばかりの世界へ、家族として加わり、最初は戸惑ったはずです。

あなたの気持ちが全く理解出来ないわけではありません。それでも、姑があなたに厳しく当たるのであれば、それなりの理由が存在しているはずです。

私の元へカウンセリングにいらっしゃる“お嫁さん”の多くは、完璧主義の方が多く、神経質な方が多いのです。

この世の中に“完璧”な人間など存在しません。あなたの姑が完璧ではないように。


今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!