離婚したくない
出典http://ningen-watch.com/article/20120

離婚したくないです回答お願いいたします

妻から離婚を突きつけられました。
理由は色々あるんですけどとりあえず私に否があります。
家族を大事にしていないとか、趣味ばっかしているとか
、するな!と言われたことわするとか、怒鳴るとかいろいろあります。

離婚を突きつけられ初めて家族を失いたくないと思いました。
とても反省しています。
謝罪もし、これからはしっかりとやることはやると誓うとも言いました。
ですが離婚の一点ばりです。
どうしても離婚したくないです。
いい夫になっていい意味で見返してやりたいです。
恩返しもしたいです。

離婚を食い止めるにはどうすればいいでしょうか?
人生の先輩方ご指導お願いします。
ちなみに24歳男性です。

ある老齢のご主人は結婚50周年の際に、夫婦円満の秘訣として、どんなに些細な問題でも意見の食い違いがあれば、その日のうちに話し合って解決することと述べました。

夫婦円満に過ごすためには、問題解決の能力が大事だということのようですね。

育ちも性格も違う二人が一緒に暮らすわけですから、意見の食い違いや衝突があるのは当然のことですね。それにどう対処するかが、結婚生活を続けられるか離婚になるかの分かれ道になります。


問題が生じたときには話し合いが不可欠ですが、話し合う時に自分の感情にとらわれ過ぎると、相手は拒否反応を示しうまくいきません。

まずは、相手の意見や考え方に耳を傾けましょう。

もしかしたら、自分も知らず知らずのうちに、配偶者の心を傷つけていたということがわかるかもしれません。

そんなときには、言い訳したり自己弁護したりしないで「ごめんさい」と言うようにします。

たいては、それで相手の心は和むはずです。

トーミトーミ

また、話し合うのは問題を解決して夫婦円満に過ごすという目的のためであって、相手の落ち度を非難したり、どちらが正しくてどちらが間違っているかをはっきりさせるためではないということを覚えておいてくださいね。

ですから、「あなたって自己中ね!」とか「何でそんなに冷たいの?」などと言った相手を批判するような言い方は避けます。

人格全体を否定するような言い方をされると相手は自己弁護したくなりますし、「君だって~」のように反撃したくもなります。

そうすると口論に発展し、せっかくの話し合いの場も台無しになってしまいます。

ですから、たとえば、夫の態度が自己中に思えても「もう少し私や子供のために時間を取ってくれるととてもうれしんだけど」という言い方をした方が、話し合いはうまくいきます。

もちろん複雑な問題の場合は、1度だけの話し合いでは結論が出ないかもしれません。

それで「やっぱりだめだ」とあきらめずに、何度でも話し合うようにしてください。時々は家の中ではなくて、海や自然の中で話すものいいかもしれません。



コミュニケーションの扉を閉ざさないようにしておけば、問題を必ず解決でき、離婚という最悪の結果を回避することができます。

手遅れになる前に離婚回避するには?

①絶対に離婚したくない
②子供のためにも離婚したくない
③反省し、修正した自分を分かって欲しい。
④調停まで起こされて妻は本気で離婚しようとしている。
⑤離婚調停を取り下げてもらう強力な方法を今すぐ知りたい。

それでも、繰り返される妻からの離婚要求。あるいは、「私はもう自由に生きたい」と、手のひらを返したように、変貌してしまった妻の態度に、もうこれで最後かもしれないと、大きな不安をあなたは抱えてているかもしれませんね。

妻の変貌ぶりを目の当たりにすれば、「何故今になって、切り出したのか?」「頑なに離婚要求をしてくる妻に、どう対応すれば許してくれるのだろうか?」のように、感じてしまいます。

ですが、あなたのそういった疑問は全て一掃され、離婚危機を乗り越えることはもちろん今まで以上の深い信頼関係を、築いていくことができる離婚回避マニュアルがあります。



今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!