離婚宣言
出典https://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/cec257257ba5…

今まで何の問題ないように思えていた日常生活で、突然妻から「離婚したい」と言い出され青天の霹靂の思いをする夫は、実は少なくありません。

勿論この「離婚宣言」が夫の側から切り出されることもありますが、伴侶の気持ちの変化に気づかずいつもどおりに生活していたつもりなのに「突然」切り出されるというケースは、やはり「妻から夫へ」という場合が多いようです。


しかしいずれにしても、伴侶から離婚宣告を受けたものの自分は離婚したくないという人は少なくないはず。では自分は離婚したくない場合に、法的に言ってそれを拒否することはできるのでしょうか。

離婚したいと言われたら、理由はどこにあるのか?


裁判沙汰になった場合離婚が認められるのは、「不貞行為」や「3年間の生死不明」「悪意の遺棄」などがありますが、加えてモラハラやDV、長期間にわたる別居状態などの「婚姻を継続しがたい重大な事由」も含まれます。


もし夫側にそのような要因がありそれ故に離婚したいと言われたのであれば、裁判になった場合に勝てる確率は低くなるでしょう。一方、そのような要因が見当たらない場合には、妻の意思だけでムリヤリ離婚させられるというケースはまずありません。そうであれば、復縁を試みる価値はあります。


しかし妻の側としても離婚宣言に至るまでにそれなりの期間を重ねていますから、簡単に離婚しないで済むとは考えないようにしましょう。


まずはその原因を探ることです。というのも、離婚したい理由を率直に伝えてくれるケースは殆どなく、「どうせ言っても分からない」と考えて教えてくれないか「ストレスが限界に来た」といったような抽象的な表現でしか教えてくれないことが多いからです。

ですからまずは自分に、修正すべきところはないかを考え、思い当たらなければ第三者に探ってもらう必要があります。

ですからまずは自分に、修正すべきところはないかを考え、思い当たらなければ第三者に探ってもらう必要があります。一方、「他に好きな男がいる」という場合であれば、離婚に至る非は妻の側にあるため、実はこの「慰謝料」が絡んだ為に離婚しないことになったというケースも多いため、実際には離婚したくなくても、この言葉をちらつかせると効果的な場合があるのです。

今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!