熟年離婚の原因
出典http://dmst.info/f-genin7.html

新婚時代を経て、結婚してから、あなたは現在、40代のころあたりでしょうか?環境も大きく変わりましたね。

子供が出来て、育ち、小中学校、、高校へと成長を遂げていきます。

あなたたち、夫婦もいままでいろいろあったでしょう。もちろん、成長できたと思います。



こうした環境の変化にあたって、、、昔出来ていたことが出来なくなったり、夫婦としての取決めも、変化を余儀なくされていきます。



これって決して後退ではなく、進化としてとらえていくべきです。消去法で、夫婦の時間が無くなってしまう時があります。子供の行事優先等で。



そんなときは、柔軟に考えて、後回しになっても、無視はしない心構えは、お互い必要です。

よく、忙しさにかまけてしまい、すれ違い夫婦になるケースがあります。そうした、時期に浮気や不倫の誘惑がつきものなのですから、要注意すべきです。

夫婦として、自分の思い通りにならない場面が増えたときこそ、考え方を改めていく必要が出てきます。不満をため込むのか?相手を思いやるのか?

わざわざ、出さなくていい、言葉を出すのか?飲み込んでしまうのか?時期を見て言い方を変えて、確認するのか?そうした配慮を智慧として、だんだんに備えていくのです。

そうした心境を作るのは、相手への尊敬のです。「よく頑張っている、、。」「忙しくて手が回らないのだな」「自分がどんどん手伝っていかないとな」



自分本位で昔と変わらず、言いたい事をいい、足りないことを指摘し続ける性格はいつの日か、修正を迫られることになります。「妻はこうあるべきだ」「夫はこうであってほしい」

「察してほしい」、、なんて思うから腹がたってしまうもの、、。自分の言い方が悪いのかもしれません。

それは、いつの日にか、、仕事の失敗、事業の危機、病気、貧困への恐怖、、、。そうした事件がめぐるのです。

それすら相手のせいにする人は、熟年離婚がまっているのかもしれませんよ。

トーミトーミ


人生の苦難困難がやってくるのには、必ず意味があり、その人に必要だから、現れてくるといいます。そしてそのテーマに気付いて、修正するべきなのです。

大部分の人は、自己中心を改め、人の支えを知り、自分も愛ある人と生まれ変わる。それまでの自分の行いを反省して、新生する。そのための試練であるのですね。

そうした時に人は一皮向けて、大いなる前進をするのです。

その結果、改めて妻や夫の存在は実にあり難く、支え合うことの意味を深く知ることになります。

「私たちはこうしよう、、。」と二人ならではのルールが自然と思い浮かぶようになるのです。こうなったらしめたものですね。

離婚回避!40代から夫婦円満の秘訣へ向かうには

ある日突然、妻から「もう離婚してください!」と言われて、あなたは、「今までのこと、全部謝るから!」と言っても妻は全く、聞き入れてくれない理由を知っていますか?妻の気持ちを取り戻すことはできないのでしょうか?
焦る気持ちも分かります。


ある日突然、旦那から「離婚してほしい!」と離婚を切り出され、あなたは、「自分の、到らない所も全部治すから」と言っても旦那は全く、聞き入れてくれない理由を知っていますか?

今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!