男友達と
出典http://howcollect.jp/list/index/category/986

結婚式の時には互いに生涯の愛を誓いますが、次第に二人の関係がマンネリ化して、距離ができてしまうことがあります。

そんな時に、職場の男性にやさしくされると、つい心が動いてしまうかもしれませんね。


結婚していても、いなくても異性から、関心を持たれるというのは悪い気はしません。

自分は魅力的なんだと思えてうれしくなりますね。そして自分も相手にだんだん惹かれていきます。

こうしてあなたは、とても危険な一歩を踏み出すことになります。

自分は不倫なんかしない、彼とはただの男友達だと、言い聞かせるかもしれませんが、男女が惹きあう感情というのはとても強いものです。


最初から職場の男性には、距離を置くのが賢明です。ご主人以外の人には恋愛感情を抱かないと決めてください。

そして、職場のデスクに、ご主人の写真を飾っておくとか携帯の待ち受けにするとか、自分は既婚者で夫のことを、とても愛しているということが周りの人にわかるようにしておきましょう。

トーミトーミ

また、自分の結婚生活の悩みを、男友達に話したことがきっかけになって、感情的に親密になり不倫に至るケースもあります。ですから、結婚生活の悩みを打ち明けたり一緒に飲みにいったりするのはやめましょう。

結婚していても、夫が関心を示してくれないとか、性格が合わないとなると、他の異性にやさしさや慰めを求めてしまいます。


現状の夫からは、「得られそうもない」と決めつけ、気持ちが外に向くのです。

そうすると自分も夫に対する関心が、どんどんなくなって、離婚してもいいとまで思うようになるかもしれません。

夫の方も妻が何をしてもかまわないと、さらに冷淡になっていきます。

そうなると、夫婦関係を修復するのはかなり難しくなります。

ですから、結婚生活を続けたいなら、ご主人とよくコミュニケーションをとって、ご主人のことを何でも打ち明けられる最良の友とするように努力するべきです。


そして、もしすでに夫以外の異性と親しい関係になっているなら、すぐに関係を断つべきです。

不倫の代償は以外に大きいですよ。冷静に考えて、すぐに行動することが必要です。

あなたの不満は、分からないでもないのですが、ここで軌道修正をしましょう。

相手の足りない部分で、頭がいっぱいかもしれませんが、夫婦は所詮、「写し鏡」です。お互いに責任があると思います。

やるべきことは、まだあると思いませんか?

日々の出来事にさえ、感動することもなくなり、当たり前のように、当然のように、
「夫はこうあるべき」「妻はこうあるべき」と形に、はめていませんでしたか?
損得勘定に支配されていませんでしたか?
友達や知り合い、実家、よその家庭が良く見えて、比べていませんでしたか?
そうした愚痴を、つい口にしていませんでしたか?
いちいち相手の態度をみて、見返りを求め、それを期待していませんでしたか?

そうであるならば、あなた達夫婦にとって、ダイヤモンドの原石だった、ささいなことさえ、見逃してしまっています。もっと無邪気に磨いたら、輝いたかもしれないのです。それは、笑顔だったかもしれません。尊敬だったかもしれません。忘れて久しい、感謝の言葉だったかもしれないのです。


今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!