モラハラ妻
出典https://www.stellacafe7.com/entry/harassment

モラハラ妻になっていませんか?夫婦の会話、離婚決意の芽、大丈夫でしょうか?一方的にどちらが悪いという、まるで犯人捜しはもうたくさんです。妻として、その役割は「立ち振る舞い」にあると思います。ほんの少し、言い回しを変えるだけで、そこに、ユートピアが広がるのに。それだけで旦那たちは頑張れるのに。

※自分でもここは短所だなと思うところを、はっきりと指摘されると「分かってるよ!」と思う。(飲食業・50歳)

※「あなたはいくら努力してもダメね」と言われたのは辛かった。(アルバイト・74歳)

※母親の味方をしたら、「マザコン!」と言われた。その言葉は、自分の中でずっとリフレインしている。(医療職・50歳)

※「あなたの意見は?」と聞かれて、自分の意見を言うたびに怒られる。(事務職・50歳)

※「何かに憑かれてるんじゃない?」と言われるときついです……。(事務職・43歳)

※「あなたはこういう人だから」と、上から目線で批評しないでほしい。(事務職・35歳)

※「一時期、失業していてお金に困っていたのですが……。妻に『お金がない』とガンガン言われたのはきつかったです」(医師・50歳)

※「『○○さん家は大型テレビを買ったんだって』『車を買ったんだって』『ハワイ旅行に行ったんだって』という話は刺さりますね。夫の愛情をお金に換算して、他人と比較されると、『頑張りが足りない』と言われているようで辛いです」(営業職・52歳)

※「家に帰ってすぐ、『足洗って』と言われると、ちょっと……と思います」(飲食業・50歳)

※「家に帰るなり、いきなり相談を持ちかけるのはやめてほしい」(営業職・52歳)

※「私が話していると、妻はスマホをいじり始めます。それで突然、自分の話を始めるんです。俺って妻にとってどうでもいいのかな? と思っちゃうんですよね……」(事務職・35歳)

※「豆電球を一個つけっぱなしにしていても、ものすごく怒られます」(飲食業・50歳)

※「ゴミの分別を間違ったりすると怒られます。『くだらないことで……』と思いつつ、その場で謝って終わりにしていますが」(小売業・67歳)

※「『あなたってこういう人よね。育ちがああだから、今こうなんじゃないの』と、上から目線で分析されると、『何様?』と思います」(事務職・35歳)

※「感情的にキーッと言われると、怖いし、こちらは何も言えなくなる」(事務職・66歳)

※「怒って黙り込まれると本当に怖い。文句の念波だけが伝わってくる」(事務職・35歳)

※「妻が喜ぶ顔を見られたら、仕事でも何でも死ぬ気で頑張ろうって思えます」(医療職・50歳)

※「プレゼントをして、喜んでもらえなかった時はショックでした。どの夫も、妻が思っている10倍くらい、何とか妻を幸せにしたいと思っていると思いますよ」(出版業・56歳)

まあ、出てきます、出てきます、、、。
でもね女性の力は偉大なんですよ。想像以上なんです。

「男は単純でアホだから、ちゃんと人間として生きているのは、奥さんがいてくれるからだと思う。奥さんに先立たれた人は、大概ものすごいダメージを受けていますから」


ここでひとつ、考えてみませんか?我慢できないで、いつか本当に旦那さんが離婚決意する前に、、、。または、外に目が行き、安らぎを与えてくれる女性と浮気が本気になる前に。


だってそうされても仕方がないですよね?これは法則性がありますから、、、、。あなたが訴えても、旦那の言い訳が立ってしまうご時世でしょう。パワハラ、モラハラの類は。

結局は「言葉一つの智慧」で、局面は打開できるのに。

「優しい妻がいる家庭がある限り、私は戦い続けることができる。」マルチン・ルターの言葉より

⇒夫婦仲が劇的に変わる! ことばの魔法セミナー 動画版

旦那に離婚を切り出された時の唯一の夫婦修復方法

45日で夫婦修復を完了させる


今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!