価値観の違い
出典http://www.dannadesu.com/entry/_couple-values

価値観の違いで質問です。夫婦の価値観は多少なりあるのは仕方ないですが、すべてが各々で負担。多少の割合は少し多に夫が負担。夫が使わないものはできれば負担したくないって愛情が感じられな
いのですが。
これは新婚生活が始まって言われたことです。

補足
価値観の違いはすべて元をただせばお金に関すことになります。

離婚理由としてよく耳にするのは、「性格の不一致」や「価値観の不一致」。


どちらも同じようなことに思えますが、「価値観」とは子供のころから、養い育てられてできた好みや優先順位、善悪の基準など潜在意識の中に組み込まれている考え方で、これを基にして人は、物事を決定したり言動を起こしたりします。



つまり価値観は、その人の性格を構成する大きな要因であり、「価値観の違い」の一面として「性格の不一致」が現れるのです。


ですから夫婦関係に限らず、どんな人間関係であっても、「価値観の不一致」は必ず生じます。

トーミトーミ

そうであっても、友人同士や同僚の間では、それらを認め合い譲歩しあってうまくやっていくのですが、こと夫婦となると毎日一緒に生活し日常生活における様々なことを一緒に決定し行っていかなければならないため、ある部分で価値観の違いが生じると、その差を埋めることができず、共に生活することすら苦痛になってきて、離婚に至るというわけなのです。

この「価値観の不一致」には実に様々な分野があるのですが、特に夫婦間で問題になり離婚裁判にまで至るケースとして多いのが、「お金に関する、金銭感覚の価値観の違い」です。


これは夫婦の片方に、浪費癖があるといった分かりやすいケースだけでなく、例えば夫は無駄を省いて、できるだけ貯蓄したいタイプ、対して妻は、必要と思える時には思い切って、お金を使うのも投資の一つと考えているタイプであるといったケースがあります。

また借金やカードも常識範囲内なら必要と、考える夫に対して絶対に、借金やカードのお世話にはなりたくないという妻といったケースも含まれています。


まさに「価値観・考え方の違い」であってどちらか一方が、間違っているというわけではない場合も少なくありません。


更には私立学校に通わせるか公立学校に通わせるかというような「子育て・教育に関すること」や、休みの日には何をするかといった「時間の使い方」。


好きな食べ物や掃除洗濯など「家事に関係したこと」、「互いの実家との付き合い方」といったことも「価値観の不一致」に含まれるでしょう。


意外と「子育て」では意見の対立が多く、離婚の原因になってしまうケースがあります。


待ち望んでせっかく生まれた赤ちゃん、、、その子の将来を思うばかりに、熱くなってしまうのかもしれませんが、何が本当の愛情なのか、夫婦で考えて歩み寄るのがベストだと思うのです。

価値観の違いに悩む夫婦の解決法の公開!

例えばパートナーの浮気・不倫・とか家族を顧みない態度はどこからくるのでしょう?
仮面夫婦や家庭内別居はどうしていつの時代も存在するのでしょう?

そこには恐らく、不変的な法則性があるのでしょう。それほど、昔から、実は根本が理解できていないのではないのでしょうか?

多くの人が「あの人とはやっぱり価値観や性格が合わないから無理!」と壁を作ってしまい、自分は悪くなくて、相手が変わるべき!といった相手任せの状態です。

いつも目にするのは相手の足りないところではありませんでしたか?

なので>今、そこにある「幸せ」に気付いたあなたには、堂々巡りを終わらせるべく、その根本を、手順をこのマニュアルでつかんでほしいと思います。
コミュニケーションを今までの3倍取れる魔法!(すれ違い夫婦解決!)
言葉の魔法(仮面夫婦解決!)
価値感の壁を取り払う魔法(性格の不一致解決!)
倦怠期から3時間で抜け出す魔法(マンネリ夫婦解決!)
新婚時代の環境をつくる魔法(感謝感激!)
女性限定!夫をアッと言わせる女性でいられる魔法(この手があったか!現存する唯一の魔法、引き寄せの法則を見逃すな!)



今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!