夫婦の話し合いの仕方
出典https://4yuuu.com/articles/view/96075

自分の中で長いこと気になっていることはありませんか。

なかなか話し合う機会がなくて放置したままにしているかもしれません。また、話しにくい問題なのでそのままにしているということもあるでしょう。



でも、結婚生活が破たんしてから、あの時話し合っておけば離婚にはならなかったのではと後悔する人もいます。それで、気になっていることがあれば、先延ばしにしないで、なるべく早く解決する努力を払うのが賢明ですね。

円満な夫婦の特徴

まず、話し合いのための期日を決めましょう。具体的な日を決めないと、ずるずると延びてしまいます。

また、お互いにリラックスできる時間帯を選びます。日にちを決めたら必ず守るようにします。

話すときには自分の考えや気持ちが相手に伝わるように、率直に話します。


あいまいな言い方をしても相手は察してくれるだろうと思いがちですが、誤解されたり、はっきり伝わらないことも多いものです。

ですから、相手のどんな行動が気になっているのか、それによって自分がどんな影響を受けているのかをきちんと話します。

この時大事なことは、相手の行動を非難したり責めたりしないということです。

トーミトーミ

また、相手が話をする時はきちんと耳を傾けるようにします。そして「つまり~ということね?」とか「~してほしいということだね?」のように相手の話したことを受け止めているということを示してください。

この時に皮肉っぽく言ったり辛辣な言い方をしないように注意します。

話し合う目的は相手に非を認めさせるとか、口論に勝つことではなくて円満な夫婦関係を続けていくことだという点を、いつも心に留めましょう。



でも、話し合いがなかなか進まないということもあるかもしれません。

自分の考えに固執しないで、譲れるところは譲るようにしましょう。

そして二人とも納得できるような解決策を見つけ、決めたことは実行するように努力します。

1つの問題が解決しても新たな問題が起きることがあるので、週に1回とか月に1回とか、話し合う時間を決めておくことも円満な夫婦関係を続けるのに役立ちますね。

おそらく夫婦間の問題が出てくるのは決して偶然ではなく、現れてきたのは、現れてきた理由があります。今必要だから、このような課題が出てきたんです。今の立場、年齢に必要だから、、。理由があります、意味があります。

それを読み取っていかないといけないと思うのです。そして受け入れて、受け入れた先に、未来が開けていく道がきっとあると思うのです。そうした時にあなたに手にしてほしい離婚回避マニュアルがあります。

■ 第9章 コミュニケーションを今までの3倍取れる魔法!■ 第10章 倦怠期から3時間で抜け出す魔法■ 第11章 新婚時代の環境を作る魔法!がとても有効です。

今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!