夫婦喧嘩絶えない
出典http://nr.pasonamedical.com/wmi/love/5030/

愛し合って結婚したはずなのに、しょっちゅう口喧嘩をしてしまうということがありますね。

こんなはずじゃなかったのに!と思うこともあると思います。

疲れ果ててしまって、もう旦那とはやっていけない、という気分になることもあるでしょう。

2人として同じ人はいないのですから、意見の対立というのはどの夫婦でも必ずあるものです。

それでも結婚生活を長続きさせている夫婦と、離婚に至る夫婦では、問題が起きた時の対処の仕方が異なります。


意見の対立があっても、穏やかに話し合うというのが大事なことです。

トーミトーミ

でも、最初は穏やかに話し合っていたのにちょっとした一言がきっかけでヒートアップしてしまうこともあります。

たとえば、今月の出費が多かったということを話し合っているときに、ご主人と意見が違うと、「あなたって本当にいい加減な人ね」と夫の性格を攻撃してしまうかもしれません。


そうすると夫はカチンときて「僕がいい加減じゃなくて君が完璧主義なんだよ!」と言い返してくるかもしれません。


そうなるとあなたも黙っていられず、夫婦喧嘩が始まります。

ですから、問題について話し合っているときには、ご主人を刺激するようなことは言わずに、ぐっとこらえることです。

また、夫がこちらを刺激するようなことを言ってきたとしても、挑発に乗らないことです。



難しいと思いますがもし、ご主人が言っていることが多少でも自分に当てはまるなら「ああ、そうかもしれないね」と素直に認めてください。



感情的にならずに余裕を見せてください。

なかなか大変なことですが、一度の喧嘩がきっかけで、離婚騒動にまで発展することがあります。

口は禍の元です。売り言葉に買い言葉で、なかなか断ち切れなくなるのですね。

トーミトーミ

話す前によく考えてください。出さないでいい言葉は出さなくていいのです。出した言葉は生き物となって仕事をしてしまうのです。

また、口論になってしまうと、もうこんな人とはやっていけないと感じるかもしれません。そういう時は口論を続けるのではなくて、いったんその場を離れてください。



と言っても家を飛び出したりするのではなくて「冷静になりたいから部屋で考える」と言って自分一人になって考えてみてください。

相手の落ち度ではなくて、どうしたら仲直りできるか考えましょう。冷静になると意外といい考えが浮かぶものです。

おそらく夫婦間の問題が出てくるのは決して偶然ではなく、現れてきたのは、現れてきた理由があります。今必要だから、このような課題が出てきたんです。今の立場、年齢に必要だから、、。理由があります、意味があります。

それを読み取っていかないといけないと思うのです。そして受け入れて、受け入れた先に、未来が開けていく道がきっとあると思うのです。そうした時にあなたに手にしてほしい離婚回避マニュアルがあります。

※第5章:「言葉の魔法」で意見の対立が和らぎます。

今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!