夫婦不仲解消
出典https://5min-massage.com/married-ceremonial-secret…

夫婦不仲は出来る事ならだれでも解消し、円満に過ごしたいと思うもの。我慢の限界で熟年離婚を決断する夫婦もいらっしゃいます。

家庭の中にまだ小さい子供がいる場合、夫婦喧嘩の姿はなるべく控えるのがいいのですが、「離婚覚悟」している場合、わざと、知らしめるように子供の前でも強硬な態度を取ることもあるようですね。

なぜ夫婦不仲になるのか?それは双方にとって受け入れられない事態が積み重なって、不信感が増していくのですね。

大多数が、言葉にあります。それは、支持を出す、指示に従う、従わない、、、、いろんな状況で、言葉が飛び交います。その時に、言い方で、少しでも相手を思いやる言葉を付けたしていたのなら、、、。どうだったでしょうか?



近所との付き合い、双方の実家との付き合い、行事で、。夫婦だからなんでも言ってもいいとは限りません。確かに立場に甘えて、多少、ぶっきらぼうで、投げやりな言葉を出すこともあります。


自体は緊急性を伴ったりすれば、なおさらですね。



出した言葉は確実に「仕事をします」感情的に言ってしまう時もあろうかと思うのですが、どうかフォローの言葉も寝る前にして頂きたく思うのです。



「あれは少し言い過ぎた」「悪かった」「ごめんね」「ただこんな気持ちだった」と。



「言わなくても、そのくらい察してくれよ」と思うのですが、でもそうした思い込みから、夫婦はすれ違いを発症し、ずれが大きくなって行くのです。



まして夫婦の時間、コミュニケーション、なかなかもてないのも現実です。仕事や子育てで、他に手がかかるし、タイミングを逃すのです。

そのくせ、「言われたこと」はいつまでも覚えているものなのです。

あるとき夫婦喧嘩で、「そのこと」を蒸し返されて、「言った、言わない」となり、お互いの性格の悪さを再確認させられるような、事態にに引き込まれるのです。

誰もそのような事態を望んでいたわけではなかったのに。



夫婦の絆って、そんなに簡単に育つものではありませんし、今の時代は情報がありすぎて、要らない情報まで押し寄せてくる時代です。

なので、夫婦の会話はとても大事ですし、「自分の思い通りに、相手が動かない、してくれない」と短気をおこすのではなく、歩み寄って考えたり、時間をかけて考えたり、外で食事したり、スポーツ観戦したり、自然と理解を深める、仲良しの行動を意識してみてはどうでしょうか?

昔は出来ていたと思いますよ。

子育てが終わり、子供が巣立ち、いつしか夫婦で過ごす時間が増えていきます。その時に、憂鬱になるのは、寂しくはありませんか?

人生80年90年時代、、、になって行きます。その時に一番の理解してくれる人は夫であり妻であることって素敵なことではないでしょうか?

今日から夫婦仲修復を加速させる唯一の方法!