泥沼離婚
出典http://n-js-freeture.com/%E6%B3%A5%E6%B2%BC%E9%9B%…

一見幸せそうなカップルやおしどり夫婦がある日、離婚決意をして、一転泥沼離婚騒動になってしまうことがあります。最近もある有名な芸能人夫婦が話題となって、ワイドショーをにぎわせています。「ええ?」とか「やっぱり」とか反応はいろいろありますし、世間では興味が尽きないと思います。

中尾は「みんながイヤな思いするのよ。みっともないよね。ルール違反でしょ」と語った。

トーミトーミ

まあ、ですが、おそらくどこの世界、近所にも良くあることなのかもしれません。そりゃ、夫婦関係はいろいろありますし、結婚して初めて分かることが多々あります。

離婚の原因の「性格の不一致」や「価値観の違い」というなにか漠然とした、よく耳にする言葉があります。


泥沼化の場合、そうしたことは、あくまで前提であってプラス、極端な事例を世間に暴露するに至るのです。そうした理由で「離婚したい」とする離婚調停の場がまずは用意されているのです。

離婚調停流れ~不成立

離婚調停の場ではお互いが顔を合わせることなく、お互いの言い分を交互に聞いて、「離婚理由」を探っていきます。

離婚条件等にお互いが納得すれば、調停は終わるのですが、どちらかが不満で「NO!」を突き付ける状態ならば、離婚調停は不成立に終わり、舞台は裁判の場に移ります。「裁判になっても離婚する!」というモチベーションを維持するわけなんですが、、、。


どうして不成立なのか?それには慰謝料の額や、子供がいれば養育費の問題、謝罪の問題があります。もう、ここまで来れば、復縁はありえませんので、徹底的に相手と戦うということになります。


そこまでして、何を得られるというのでしょうか?

「私に逆らったら、こうなるのよ!」といったプライド、自己保身。そうしたものしか残りません。気が済まないから行きつくところまでいくのでしょうか?

地位も名誉もあって収入もあるのに、そこまで相手を「コテンパン」に痛めつけなくてもいいと思います。


息を荒げている一方で、決して同じ土俵に立たないで、ある程度沈黙を守り、法律的に粛々と必要なことのみを進める方もいます。

お互いの言い分や、正義感はそれは最もだと思います。確かに一理あると思います。

トーミトーミ

その結果はどうなるかわかりませんが、その後の人生を考えたとき、「相手を許し、自分も許し、一刻も穏やかな状況、心境になること」がとても大事だと思うのです。

人は時々、結婚生活に失敗し、離婚をしてしまうものですが、結婚生活には良いこともあれば、つらいこともあります。悪いところをいつも、確認をし数えるのは簡単です。そしてそれを握りしめて生きることは、どれだけ人生のためになるというのでしょうか?

それよりも一時期夫婦になって、いい事もあったのだし、いろいろ反省や教訓を得て、その後の人生に活かし、再スタートし、元妻や元夫を応援するほうがよっぽど、幸福な人生で、神様の祝福が早く訪れる生き方だと思うのです。

悔しさや、憎しみの感情に支配されたなら、そこから、一刻も早く抜け出すことが賢明です。

円満離婚する方法はあるのですか?

そもそも、夫婦修復には期限はなくて、お互いが夫婦で生活していく中でさまざまな経験を伴いながら、培われていくものです。お互いの理解の仕方を学んで、形にしていくと「ああ、これでいいのか」としみじみとわかっていくものなのですね。ある意味夫婦は「写し鏡である」と悟るのです。


ただし、悲しいけれど例外も存在します!

夫婦修復が不可能な場合もあると思います。どうしても折り合えない、心を長い間閉ざしている、あまりにも頑なに、何かを(誰かを)守っている、嫁姑問題、激しいDV、ある日突然、蒸発した、いなくなった等、認知症、余命宣告等。誰が見ても立派な離婚理由。自分としては足りないかもしれないが、万策尽きた、、、。どうしようもない場合が世の中にはあります。きれいごとではすまされないのですね。


離婚しかないという選択肢。

そのような場合はやはりいつまでも、ズルズル引きずってはいけないと思います。今の関係を断ち切り、前に進んだ方が、長い目で見て、いい場合もあります。第二の人生を歩もうとする場合も、現時点では苦悩するのかもしれませんが、将来幸せを全うできたなら、この苦しみは過去のものとなり、その過去のおかげで、自分が成長できたのなら、過去も黄金色になることが出来ます。それまで、、実に様々なケースがあると思います。

母子家庭、父子家庭のほうが、心が安らぎ、安心感が増幅され、リスタートさせるにはいいのかもしれません。その途中で再婚され、新しい幸せの中に、人生の喜びをかみしめていくのも、神様は微笑んでくださると思います。



ただ、今の環境から抜け出したい一心で離婚をし、再婚をしても、幸せを享受できない場合があります。それは教訓をつかまないまま、自己変革しないまま、環境の変化だけを望んだからです。



結婚を継続しがたい、離婚理由に「性格の不一致」があると思います。ですが一致させるにはお互い歩み寄る「努力」が必要です。相手が変わればいいと言う問題ではなくて、その認識が不十分だと、誰か別の人と再婚しても、いずれその、似たような問題が自分に追いかけてくるのです。だって、何も解決していなし、自分の判断、考えが、前と同じだから。

だから離婚を繰り返す人がいるのですね



そのような法則性があると分かったら、まずは縁あったパートナーと離婚しないで、夫婦修復の努力をしたほうがいいのもお分かりかと思います。

それでもやはり自分には「離婚しかない」と決意に至るのであれば、決して「自分かわいさ」だけではなく、今度こそ本当に幸せになって、いずれは世のため人のために、貢献する意志がありますでしょうか?同じようなことで悩んでいる人の力になれますでしょうか?であるならば、あとは自分を信じて、勇気をだして道を切り開くのみです。自分だけの「花」を咲かせてくださいね。

トーミトーミ

結論、あなたの離婚という、ともすれば、思い出したくない過去の出来事も後々、幸せならばそれも黄金の日々に変わります。それがいまから3年後、5年後、10年後でしょうか?

※離婚は調停や裁判をせず、話し合いで決めた方が絶対にいいのです。相手への離婚への切り出し方をまちがえると、離婚は必ずこじれます。離婚がこじれると調停や裁判となり、コストと精神的負担は想像を絶します。だから調停や裁判をせずに、妻なら夫から取れるだけぶんどって、離婚するべきなのです。夫なら、1日も早く離婚を成立させて、新しい人生を歩むべきです。そして大成功の離婚に必要なことは、


※一般的に円満離婚は難しいと言われていますが、実は決してそうではありません。でも、方法を間違えると余計にこじれてしまったり、もらえるものも、もらえなくなってしまいます。もし今あなたが、今すぐにでも離婚届けを出そうとしているなら、高額なお金を支払って、弁護士に依頼しようとしているなら、ちょっと待って下さい。


※多くの人が「離婚問題=弁護士」と思っているようですが、実際のところ弁護士さんは離婚問題のスペシャリストでもなければ、あなたの知人・友人でもありません。どこまで親身になってやってくれるかは、それこそ人それぞれです。

また、依頼した弁護士さんがたまたま良い人だったとしても、上記のような問題は必ず起こります。なぜなら、弁護士さんもボランティアでやっているわけではないからです。たとえば弁護費用は必ず掛かってきますし、


20000人の離婚問題解決法とは?

このマニュアルをお読みになれば、離婚問題に臨む正しい心構えや精神的なあり方、あるいは実際に行わなければならない、行為をお分かりいただけると思います。離婚問題で勝つためには、知っておくべきことがあります。知っているか知らないかで、全然違う結果になります。また、離婚問題解決はある種の戦いであり、有利に事を終えるために“ 裏ワザ” のようなものも紹介しております。20000人以上の相談実績からのノウハウを知ってください。

トーミトーミ

子供のために離婚しないで頑張るのが通例なのですが、それでは持たない場合もあろうかと思います。結婚生活を続けるのが、この世の地獄のような感じになるのなら、別れた方がすっきりすることもあって、それが普通になりつつもあり、時代の変化を感じます。

養育費 回収方法

子供の養育費の問題でトラブらないように!!

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション