夫婦喧嘩 謝り方
出典https://hot-mammy.com/article/11436

夫婦喧嘩は繰り返されるものですが、大体同じようなところで喧嘩していませんか?謝り方はどうしていますか?許せない気持ちを持ち越していませんか?

夫婦喧嘩で言い方がきつくなってしまいます。普段はとても仲良しでいつもくっついているほどです。笑いも絶えないし、会話も多いです。お互い思いやりのあるタイプだと思います。

しかし、私は旦那に怒りを感じるとズバッと言ってしまうところがあります。これは旦那に対してだけではなく、私が育った環境です。

親子、兄弟で揉めた時は意見を言い合う、遠慮なし。お互い本音でぶつかる家庭だったと思います。仲は良好で、皆しっかりしてると思います。

旦那にも怒り悲しみを感じると、どうしてそういう考えになるのか?あなたがこうだったから私は悲しかった!あなたの考え方が足りないと思う!こう考えるべき!なぜなぜ!

のような少し追い詰めた感じで怒ってしまいまるで説教です。

旦那は親でも兄弟でもないのに、こんな怒り方は良くないよなーと思いつつ、私としては、考え方を少し変えてもらえたら という思いで、説教っぽくなってしまうのです。

旦那に言い方がたまにきつく傷つくと言われました。私の中では至って普通のことだったので、これではいけないと思って反省しています。

でも本音でぶつかるからこそ、伝わる空気だったり、後から思い返したりなど、わかることもある というのもあります。

旦那さんはおっとりしたタイプなので、私のようなズバズバ言うタイプは俺にはできないといいます。
優しく言うことが大切なんでしょうか。でも、旦那に、色々こうして意見を聞いて話し合ってきた結果、考え方も成長した
と言われたこともあります。基本的には私の考え方には同感できるらしいのですが、言い方がきつい とのことです。

喧嘩が終わるといつも通り仲良いのですが、また傷つけた、と私も自己嫌悪に陥ります。夫婦とはどんな風に接していくのが大事なんでしょう。

「雨降って地固まる」、、、。最初はそう思ったかもしれない、あなたの夫婦喧嘩。どうしてそんなにきつく当たってしまうのでしょうか?

夫婦の家庭内ルール

何か、とんでもないエラーをしたから?
言うことを聞いてくれないから?
価値観が違うから?
自分の思い通りにならないから?

確かにもっとこんなふうに考えてくれて、こんなふうに判断してくれ、行動してくれたら、、。と思うのかもしれませんね。
あなたはきっと頭の良い人かもしれません。



喧嘩の原因って意外と些細なことが、発端となっています。別に今、判断をし、言わなくても良かったこともあったと思います。過ぎてしまえば。


でも性格的に、言わないと分かってもらえない、今のタイミングで話さないといけない。


そうした思いもあると思います。そうした時には「言い方」に注意してくださいね。


感情で言い方が激しかったり、きつかったりした場合は、そんなに伝わっていないことが多いのです。それよりも静かに話をした方が、理解が進むのです。

子供が道路に飛び出したり、危険な行動をしそうなときは大声で、言わないといけません。



でも夫婦関係で、そんなに危険なことって、どれだけあるのでしよう?相手の判断や行動に一定の理解はしてもいいと思います。


夫婦喧嘩の謝り方!最短で効果的な方法!

こじれた場合はお互いまず無口になったり、ドアを強く締めたり意思表示がありますが、やはり早めに仲直りをするべきです。この際、どちらかの言い分に屈するという意識ではなく、夫婦関係をもっと良くするためにできることはなんなのか?ということです。


夫婦喧嘩が頻繁なら、どうして結婚したのか?わかりませんよね?間違っても「失敗した、結婚しなければ良かった」なんて言ってはいけないのです。



すると売り言葉に買い言葉、、。見なくてもいい、姿をさらけ出すことになるのです。ましてこの状況を温めて、いつかまた、蒸し返してししまい、「決定的な亀裂」が入り深まるのです。


そうしたら、「離婚」ということがいつもとなりにあって、いつしか引き金を引くのです。それは2,3年後かもしれないし、熟年の時かもしれません。

せっかく縁あって夫婦をスタートさせたのだから、いい時も悪い時も、ひっくるめての人生です。時間をかけて理解をし、思いやる気持ちを育んでいくことが大事なんです。


夫婦の会話次第でこの先、なんとでもなりますよ。是非明るいものに進んでくださいね。

45日で夫婦修復を完了させる
※男性にはプライドがありますので首の皮1枚は残してあげてくださいね。